HOME > 2020年02月

起承転結

起承転結

物語を構成する上で基本になるのが起承転結と言われています。
全ての物語がこの形で書かれている訳ではありませんが、起承転結から大きく逸脱すると物語が成り立たなくなってしまう事が大半でしょう。
しかし、それでも独自の手法を入れたいと思う気持ちも分かります。
最初こそ起承転結に従順に書いていても、そこにアレンジを加えたくなってしまうものです。
序盤に転を持って来て、その後起に戻って……なんてやっていると、余程才能が無いとめちゃくちゃになってしまいます。

ならばどうするか。
それは、起承転結のそれぞれに更に小さな起承転結を入れていくのです。
起の起承転結→承の起承転結→転の起承転結→結の起承転結
のようにそれぞれの中で小さな物語を展開させます。
これは大筋の物語に干渉する必要はありませんが、少しずつ大筋に関連した方が物語として面白くなるでしょう。

もう一つの手法は、起承転結に並列してもう一つの起承転結が展開していく手法です。
小説家になろうで良く使われるのは、クラスごと異世界転移して主人公だけ別行動するような時に主人公のいないクラスメイトの様子等を描写する手法です。
これも本編の流れに何らかの干渉をするサブストーリーになると面白いでしょう。
単純な起承転結だけにならない物語にするにはこれらの方法を用いてみる事をオススメします。

無欲の聖女

無欲の聖女

侯爵令嬢と孤児院育ちの守銭奴が入れ替わってしまった、勘違い系物語です。
孤児のレオは守銭奴で一貫してお金のために動きます。それを周りが良いように勘違いしてくれます。
侯爵令嬢レーナはわりと自己中心的です。孤児院でめっちゃ嫌われます。
それぞれが入れ替わった事によって、レーナは成長し、レオは騒動を起こしていきます。
性別が変わるだけの入れ替わりではない面白さがあります。
アニメ化しても不思議じゃないぐらい面白いですが、コミカライズもされていないのが残念です。

みんな大好き召喚獣

みんな大好き召喚獣。
古くは女神転生の悪魔召喚プログラムから。
ウィザードリィのシナリオ5の呪文にもあったかな?
しかし一般的になったのはファイナルファンタジーからではないでしょうか。
そして、昨今のライトノベルで一番使われているのはファイナルファンタジーの代表的な召喚獣の一角であるフェンリルでしょう。
北欧神話に登場する狼型の獣。
狼型というシンプルながらもかっこいい、中二心くすぐられる存在です。

「とんでもスキルで異世界放浪メシ」「よくわからないけれど異世界に転生していたようです」「フェンリル母さんとあったかご飯」「Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ」等々。


もっとも、小説家になろう等では召喚獣というより、生息している魔物を従魔として従えるというのが多いと思います。
また四神(朱雀・白虎・青龍・玄武)を召喚するようなものもあります。

「異世界はスマートフォンとともに。」等。


その際、何故か忘れられる麒麟。
いつも仲間はずれでかわいそうです。
でも麒麟が入ると四神は5匹いるという某四天王みたいになっちゃいますけどね。

異世界召喚を逆手にとって、人間が召喚獣扱いになってる作品もあります。

「千のスキルを持つ男 異世界で召喚獣はじめました」等。


物語を色付ける存在として、マスコットになる召喚獣がいるとそれだけでワンランクアップした感じになります。
そしてさらにメリットとして、召喚獣を喋らせる事で一人称視点にありがちな独り言文章を回避できます。
常にお供として側にいるので、会話を文中に織り交ぜる事が出来る訳です。

みなさんの小説にも召喚獣的な従魔を導入してみてはいかがでしょうか。


新刊情報


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

いつでも斜めから見てる比企谷八幡の色々まちがってるラブコメ小説
昨今のラノベといえば小説家になろう等のネット小説が書籍化されたものが定番となりつつありますが、これは最初から書籍化として発売されたライトノベルです。
独特の視点から語る八幡の歪んだ解決法がとにかく面白い。
リア充代表の葉山も色々闇を抱えてていいです。
どんな立ち位置の人も悩んでるんだなという青春模様が楽しめます。
アニメ3期もついに決定したようです。
楽しみですね。

ありふれた職業で世界最強

ありふれた職業で世界最強

クラスメイトと共に異世界へ召喚された南雲ハジメ。
ありふれた職業である錬成師となってしまったが、奈落の底で世界最強へ至る道を見つける。
アニメ化もしている人気小説です。
アニメの方はようやく魔人が出て来た序盤で終了してしまいましたが、その後の物語も面白いです。
ヒロインはユエか香織かと思いきや意外な伏兵がいたり。
その他、迷宮攻略や数々の敵との戦闘など見所満載です。

地の文って必要ですか?

多くの人がやってしまうのは、説明的な地の文です。
地の文は描写する為に書くものです。
描写が出来ない地の文ならいらないと言っても過言ではないでしょう。

そもそもライトノベルに地の文って必要ですか?
極端な話、会話100%だっていいんです。
かの王妃様ならこう言うでしょう。
「地の文が書けないなら会話だけでいいじゃない」と。
会話だけのライトノベルがアニメ化してしまった例だってあります。
ようは面白ければいいんです。

地の文が稚拙だと文学評論家達から大変低い評価を受けます。
その為に無理に難しい言葉を使って、文章のテンポが悪くなってしまっては本末転倒です。
文学的評価なんて一番最後でいいんです。
ラノベは面白いかどうかが一番重要なんですから。
文学評論家の論評に惑わされず、楽しく書きましょう。

ナイツ&マジック

ナイツ&マジック

前世の記憶を持つエルネスティ・エチェバルリアが、メカオタクとして暴走していく物語。
魔法とロボという夢のコラボでアニメ化もしている人気作です。
アニメは途中で終わってますが、その後の話も面白いです。
エルとアディの関係にも進展が。
とにかくロボがかっこいいし、戦闘の描写も丁寧で楽しめます。
いまいち魔法の要素が弱いですが、それはロボを動かす副次的なものなのでしょうがないかな。
残念なのはアニメがサブスクリプションでは配信されていない事です。
そろそろ2期アニメが作れるぐらいに物語が進んでますが、最終話が2期作らないかのような終わり方だったのが気になります。
なろう原作の中では飛び抜けてクオリティの高いアニメだったので、もっと続きが見たいですね。

kindleストアで【40%OFF以上】ライトノベルフェア開催中(3月5日まで)

Amazonのkindleストアで【40%OFF以上】ライトノベルフェア開催中(3月5日まで)


他にも多数のライトノベルが格安で購入出来ます。
安い時にまとめて買うのはいいけど、どんどんkindleの中に貯まっていくんですよね。
消化するように読むのは好きじゃないです。
じっくり読む時間が欲しいなぁ。

新刊情報


一億年ボタンがもう3巻なんですね。
色々読んでるといつの間にって思うタイトルが出ててびっくりします。

Amazon書籍

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません
くま クマ 熊 ベアー
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語
乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です
私、能力は平均値でって言ったよね!
転生貴族の異世界冒険録 ~自重を知らない神々の使徒~
薬屋のひとりごと
とんでもスキルで異世界放浪メシ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた

広告