HOME > ラノベ執筆情報

本好きの下剋上ふぁんぶっく

本好きの下剋上ふぁんぶっく

本好きの下剋上のファンであればもちろん購入していると思いますが、ライトノベル執筆している人にも是非読んでもらいたい本です。
本好きの下克上の設定や相関図など、色々ためになる資料もあります。
そして、香月美夜先生のQ&Aが執筆する上でとても参考になります。
売れる小説を書く人というのはここまで考えて書いているのかと感銘を受けました。
できれば本好きの下克上の本編を読んでからふぁんぶっくを読んだ方がいいとは思いますが、執筆の勉強がしたい人は読んだ方がいいと思います。

ネーミング辞典

ネーミング辞典

ライトノベル執筆する際、悩むのがネーミングではないでしょうか。
かっこよくて愛される名前をつけたいですよね。
そんな時役に立つのがネーミング辞典。
本好きの下克上を読むと、ドイツ語的なネーミングってかっこいいなって思います。
豚をシュバインなんていうかっこいい言い方するのはドイツ語だけではないでしょうか。
中二心をくすぐられます。

読者の心をつかむWEB小説ヒットの方程式

読者の心をつかむWEB小説ヒットの方程式

ライトノベル執筆する際、他の人がどういった書き方をしているか気になると思います。
巻末の作者のあとがき等を見ても詳しく書いてある事は少ないでしょう。
そういった作者がどのような想いで書いているかをまとめた非常に参考になる本がこの「読者の心をつかむWEB小説ヒットの方程式」です。
まぁ技術的な事はあまり書いてないのですが、作者の想いや作業環境、気を付けて書いている点等、モチベーションを上げる時に読んでみると面白い事が書いてあります。
これを読んだからヒット作が書けるかどうかは分かりませんが、これを読む事によってモチベーションを上げて継続していけば、いずれ何かが変わるかも。
読み物としては面白いですし、作者の気を付けている点を理解した上で作品を読むと、何か学べるものがあるかも知れないですね。

資料探すなら中二病から

資料探すなら中二病から

ライトノベル執筆の際、色々資料が欲しくなりますよね。
なるべく読者ウケがいい話を書きたいと思った時におすすめの資料集が中二病に関する書籍です。
上記の中二病関係の資料は、ライトノベルに使えるものが多く、小説家になろう等を読んでいる読者にウケやすい内容だと思います。
ライトノベルは中二的要素があると面白いと感じるのは私だけではないはずです。
キャラクターに中二病っぽい設定をするのも物語に魅力が増すでしょう。
自分の痛い黒歴史こそが最大の武器になるのかも知れません。

短文で文章練習

短文で文章練習

描写というのはただ情景を説明するだけのものではありません。
文章でその先を想像させる必要があります。
まずは短い文章で書く練習をしてみる事をおすすめします。
その参考となるのが「54字の物語」です。

これを読むと、短い文章でそこに書かれていない部分を想像させてくれます。
これに習って練習をすると、描写力が鍛えられるのではないでしょうか。

Amazon書籍

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません
くま クマ 熊 ベアー
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語
乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です
私、能力は平均値でって言ったよね!
転生貴族の異世界冒険録 ~自重を知らない神々の使徒~
薬屋のひとりごと
とんでもスキルで異世界放浪メシ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた

広告